LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

+ ヘレン・ケラー
日記 /
0
    最近あるサイト(NAVER)にはまっている。
    みんなが質問し、みんながそれに答えるというもの。
    内容が多岐にわたり非常におもしろい。
    回答を行い、質問者が自分の回答を「ベスト回答」
    に選ぶとポイントが追加されるというもの。
    人に質問されるのが好きなあなた!あなたを
    必要としています!(^〜^ゞ

    NAVER

    今回はひとつおもしろい質問があったので、紹介します。

    □質問
    みなさんは「ヘレン・ケラー」という人を知っていますか?
    この人は幼いときに病気にかかり
    それが原因で目も見えず、耳も聞こえなくなりました
    しかし、ある家庭教師の人がヘレン・ケラーと「指文字」で会話していました
    (家庭教師は確かサリバンって人だったと思います;)
    しかし、そこで1つ疑問に思ったことがあります
    目が見えず、耳も聞こえない人に
    どうやって「指文字」を教えるのでしょうか?
    声をだしても聞こえませんし、紙に書いても見る事もできません
    一体どんな方法でおしえたのでしょうか?

    □回答 (私が思ったのは。。。)
    私も非常に興味がでました。答えと思われる
    ものがありましたので、ご紹介します。

    一部抜粋
    人形をヘレンに抱かせ、指文字で「DOLL(人形)」と
    いう字をその掌に書いた。もちろんヘレンは何のことか
    判らなかった。繰り返しているうちに、それが自分の
    抱いているものの名前であることを覚り、この調子で
    努力しているうち、2週間目にはすべてのものに名の
    あることを理解するようになった。

    とあります。
    この教育から、家庭教師のサリヴァン先生は亡くなるまで
    50年に渡りヘレン・ケラーの教師であったといいます。
    ヘレン・ケラーが人々に感動を与え、歴史に残ったのは
    この師のおかげであると言えるかもしれませんね。

    大きく深い愛情がこの世を変えてきた事実として、現代に
    何か訴えかけているような気がします。。。
    イラクに早く平和が訪れますように。。。

    参考: http://www.helenkeller.or.jp/hkstory.htm
    | comments(0) | - |
    pagetop
    << + 加藤ローサ(第2弾) | main | + ブログの記事が。。。 >>










    04
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --